読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めい記

塾講師やら家庭教師やらたまに占い師やらしてる人が適当につぶやく所。

私はやっぱりこの人が好きだ。

実は、全く違うことをブログに書くつもりでPCに向かったんです。
作業ついでに借りてきたCD聞こうと思ってPCに入れただけなんです。

1曲目のしょっぱなから泣きそうになりました。

www.amazon.co.jp

「ご機嫌いかがですか、私は相変わらずです」
(中島みゆき「御機嫌如何」)

何度も何度も聞いて、何度も何度も歌ったはずのこの歌を、
改めてみゆきさんの声で聞く。

ライブ盤だから余計なのかもしれないですが、
その言葉一つ一つと演奏一つ一つのこの重み。

あーちょっと高架下行って泣き崩れてきていいですか~!
この近所高架下ないけど~~~!!

 

そして私はこのコンサートツアーに行ってるはずなんです。
名古屋を二度目に離れる前年、秋だったと思います。
2007年、名古屋市民会館
後輩を誘って、みゆき仲間さんにも現地で会って。

 

精神的に、ボロボロのどん底からようやく脱した頃。
翌年に見も知らぬ地である神戸へ来ることが決まっていた頃。
いきなり直面した、かつてのパートナーの死の衝撃をまだ受けてた頃。

評価はそれぞれの曲、それぞれの時代で様々なんでしょうが、
一貫して流れる
「生きてゆけ」
というメッセージを、
ただ目の前に「その歌い手がいる」感動とともに受け入れた時間。

 

ある日突然消え去った奴との約束、
「生きてやる、絶対。」
そしてこのコンサートでみゆきさんが私達観客に投げた一言、
「同じ時代に、生まれてくれて、ありがとう。」

生きます。神様が許してくれる限り。
自分の体も命も、今横にいてくれる人も、
一緒に笑って楽しんでくれる人たちも、
大切に生きます。誓います。

 

この時に生きさせてくれて、本当にありがとう。

拝啓、中島みゆき
やっぱり私はあなたが大好きです。