読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めい記

塾講師やら家庭教師やらたまに占い師やらしてる人が適当につぶやく所。

男の子に生まれたかった。

女の子なんだから、と、

女子なんだから、と、

女性なんだから、と、

 

それだけでいろいろなことに

反対されるのが、

難色を示されるのが、

嫌で嫌で仕方なかった頃。

 

そんな時間が

ものすごく長くあった。

 

女でいるのも悪くないな、と思えたのは、

40歳を迎えた頃だったと思う。

 

諦めでもなく、

「受け入れた」

「納得した」頃。

 

男の子だったら、と思うのは、

空を飛べたら、と願った、

そう思った人たちと同じ望みだったのかもしれない。

 

今ここにある、

今ココに存在する自分に

いかに相対して生きていくのか。

 

逃げでははなく、

正面勝負。

 

出来る?アンタに。

今の私に相対する私が問う。

 

戦うしかないのなら、

喜んで私はその試合を受けようじゃないの。

 

 

 

酔ってるよ。

こんなときしか書けないから、

読み流してよ。ねえ。