めい記

塾講師やら家庭教師やらたまに占い師やらしてる人が適当につぶやく所。

ほんと弱くなった。

お題「夏服」

ここ2年ほど、ほんとに弱くなりました。
冷房に。

Jason's air-conditioner(写真はイメージでございますよ)

ちょっと涼しいなー、って感じの冷房でもすぐ身体冷えまくって
頭痛いわお腹壊すわもう…(/_;)

 

ひとまずこればっかは自衛するよりないので、

  • ウインドブレーカー(プライベート+普段の仕事)
  • 薄手の長袖カーディガン(大阪出稼ぎ時)

が手放せなくなりました。
ウインドブレーカーはサブバッグに入れっぱなしです。

↓これは2年前のまとめのようですけど、

matome.naver.jp

外の対策だけじゃなくって内側の対策も必要かなぁ…生姜湯とか。
コンビニの生姜湯ってやたらめったら甘いしorz

 

お盆前にいっちょ作っとくか~。

無常

唐突にかつての教え子の訃報を受け、
でも明日の中3向け授業の準備はせねばならず、
なんか気持ちの落ち着けどころのない筆者でございます。

ずっと変わらないもの、ってのはありえないものだと知りつつ、
そしてそれを十分に体験しているにも関わらず、
やっぱり動じてしまう自分がおります。

 

かつての相方が向こうに行ったときもこうだっただろうか…と
11年前のことを思い出そうとしても、
瞬間瞬間をスクリーンショットのように覚えてはいても
連続した記憶が呼び出せません。

脳が安全弁でもかけてるのか…。

 

ひとまずは、彼女の魂が穏やかでありますように、
としか、今の私には。

「お姉ちゃん、□□□□□行かない?」

お題「夏休みの計画」

夏ですか…仕事ですよorz

お盆前後だけは休めるんで、お墓参りツアーを兼ねて名古屋に里帰りする予定ですが。

 

それに関して先日来たLINE。

「お姉ちゃん、レ□ランド行きたくない?」

妹より(^_^;)

 

…妹、そこで働いてまして(汗)

話のネタに行かせてもらおうかなと思ってます。

 

現中3の姪っ子1号の勉強も見なきゃならんだろうし。まぁいっか。

微妙。

f:id:crazydoll_meimei:20170728000049j:plain

年相応の装い振る舞いがよくわかってない、って話もあります(汗)

小さな喫茶店にプロの本気を見た日。

お題「コーヒー」

お題スロットから。

 

数年前、家庭教師としてお邪魔してたところ。

駐車場がなくJRの駅から徒歩10分くらいなんで、車を近くのコインパーキングに入れて行ってましたな。

で、ホントにたまたま入った仕事先近くの喫茶店。

ここで「たいして珍しくもないこと」にすごく感動したことがあって。

Coffee mill

コーヒーを頼んだら、

こんな感じのコーヒーミルで一人分の豆を挽いて、

湧いたお湯を丁寧に粉に注いで、

その場(カウンター)にいる私に出してくれて。

 

「何一つ偽りはしていません、やましいことは何もありません」と

堂々とそこに表された感じがして、

「プロすげぇ」と感動したんですよ。

いや感動って表現で足りないくらいに。

 

どこかの日記(多分もう消え失せてる)に書いた記憶はあるんですが、

お題に「コーヒー」が出て思い出した話でした。

プロたるもの、偽ることなかれ。

音楽づくし。

先週土曜日。

https://www.instagram.com/p/BWjoWQQFb8N/

着いてます。@blueport

 ケイオンR40の兵庫第1開催で2曲+コーラス1曲。

 

先週日曜日。

https://www.instagram.com/p/BWmKqNPl_mj/

Instagram

通ってるボイトレスクールの半期に一度のコンサート。

 

音楽づくし(^_^;)

今週末(と言うか明日!)はまたケイオンで大阪まで出るし
(地味に片道2時間と往復2000円が痛い(T_T))

 

曲は、


メリーアン THE ALFEE

メリーアンのアコースティックバージョンと、

 


ストレイテナー - Melodic Storm

エントリーするまで聞いたことすらなかったストレイテナー(^_^;)

 

そして慌ただしすぎてまともに練習できてませーん(T_T)

8月は休む。今決まってるもの以外は休む。絶対休む。寝る。
それでなくても猛暑。セーブせんと間違いなく身体持たない(/_;)

滅多に読みませんが

お題「好きな作家」

作家…小説ほとんど読まないんだよな~(^_^;)
とりあえずここ数年で読んだものだけさらっと。

吉原手引草 (幻冬舎文庫)

吉原手引草 (幻冬舎文庫)

 

ネットでチラッと見て、「吉原の掟などを散りばめながら、失踪してしまった花魁(最上級の遊女)の手がかりを求めてゆく話なんですが、
失踪したという花魁・葛城太夫の台詞はほとんどなく、
事件を調査して回る人物が周辺関係者に聞き込みをして
事件の概要がわかっていく…って展開です。

いや~葛城かっこいいわ~。
吉原のルールとしては当然アウトでも、その世界で頂点を極めた上、
そもそもの目的を完遂しちゃうんですから。すげぇ。

 

八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

 

ドラマにも映画にもなりましたコレ。
前半は、不倫相手の娘を誘拐してしまった女性の逃亡劇、
後半は、「誘拐された」過去を持つ娘が苦悩する生き様。
血が繋がらないながら「母と娘」として数年を過ごした
二人の女性の愛憎劇です。
終わり方は感動的に爽やかなんですけどね。
(改めて読み返して感動しましたもん)

 

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

 

これまた映画化作品です。
しかし主要登場人物、闇持ちすぎでしょうorz 
娘を殺されて復讐に徹する先生はともかくとして、
追い込まれた上に母を刺殺してしまい正気を失う一人目の少年、
我関せずでひたすら自己中に生きた結果、本当に欲しいものを自ら消してしまう二人目の少年、
二人目に関しては若干「ザマァ」な気もしますが(汗)

 

予知夢 (文春文庫)

予知夢 (文春文庫)

 

探偵ガリレオ 」シリーズ2巻目。
最初のも読んだんですが個人的に好きなのはこっちの「予知夢」です。
あーでも大筋忘れてるところが結構あるorz
また買うか…。
個人的にですが、「第五章・予知る(しる)」の
予言少女(ってことにしときます)の最後のセリフが怖いというか痛快というか…でした。

 

誰かの新刊が出た~!って喜んで買いに行くほどの小説好きではないんですが、
まぁ話題になったものを適当に読む、って程度です(^_^;)

以上で~す!